業者選びに役に立つ病院・薬局に関連した業者をご紹介します。

病院コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

病院へ行くときに保険証を忘れたらどうなるの?

この前、病院へ行こうとしたときに保険証を忘れてしまったことに気がつき慌てて取りに帰った経験があるのですが、もし保険証を忘れたまま病院の受付にまで行ってしまったらどうなるのか気になりました。
果たして、保険証がない状態で病院を受診することができるのか、その場合どのような対応をしてもらえるのか教えてください。

回答

保険証がないと全額自己負担することになるが、後で返金してもらえます


まず日本では保険証を持っている人に対しては保険診療を実施する制度が存在しており、これによって基本的に医療費は本人の自己負担額が3割で済むようになっていて、家計を助けてくれます。
しかし、基本的に保険証を持っていない場合には医療費は全額自己負担となってしまうため、この場合、その場で持ち合わせがないというケースもあり、家計にとってはかなりの負担となってしまうでしょう。
ただし、病院によっては保険証を持っていなくても保険適用してもらえるケースもあるのですが、これは毎月通っているような病院で、この場合は次回は必ず保険証を持ってきてくださいと注意されるだけのケースがあるのです。
これは、何度も定期的に通っていて顔なじみの患者であり、信頼関係があるからこそ成立することのため、初めて訪れる病院で保険証を持っていない場合には、保険適用してもらえるケースは基本的にありません。
また、全額自己負担で病院を利用した場合でも後で返金を求めることは可能であり、これには条件として病院の窓口に相談をして、期日までに保険証を持参して返金してもらう方法があります。
ただし、期日までに間に合わないケースや病院が遠い場合には、医療費の返還の申請を自分が加入している保険証の組合に対して行う必要があり、その際には病院でもらった領収書や医療報酬証明書といった書類が必要となります。
このように保険証を持っていない状態で病院を利用すると面倒なことになってしまうため、病院へ行くときには必ず保険証を持っていくようにして、忘れないように注意しましょう。
また、病院では保険診療だけではなく自由診療も行っており、自由診療についてはたとえ保険証を持っていたとしても全額自己負担となってしまうため、自由診療に関しては保険証を忘れたとしてもあまり問題はありません。
保険証を忘れてしまったけれども、コピーや写真を持っているから大丈夫と思っている人がいるかもしれませんが、保険証は原則として現物を提示しなければその効果を発揮しません。
このように保険証はとても重要なものです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク