業者選びに役に立つ病院・薬局に関連した業者をご紹介します。

病院コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

診療内科を選ぶポイントは?

妻が心療内科に通っているのですが、一緒に生活していてもなかなか症状が良くなっている気がしなくて、それでも評判が良いと聞いて選んでクリニックだったのでこれまで我慢していましたが、一度セカンドオピニオンを受けた方がいいと私から妻に提案して、妻は主治医の先生がいいなら私の言う通りにするということでした。
正直毎回付き添っているわけでもないので、これまでどのような治療を行っていたかも詳しく理解しているわけではなくて、単純に早く前のように元気になって欲しくて他の病院でも診てもらおうとしているわけですが、良い心療内科と判断するポイントがあれば教えてください。


回答

しっかり患者の話を聞いてくれるかが大事です。


診療内科の場合はその性質上、血液データやレントゲンの画像などのデータも乏しいわけですが、セカンドオピニオンを受ける場合は、現在診てもらっている医師の紹介状が必要となります。
前の病院でどのような治療を行っていたのかを知ることはとても重要なことですし、違う治療法を見いだせるかもしれないセカンドオピニオンを受けることは、とても良いことです。
紹介状を依頼することは、患者さんにとっては勇気のいる行動かもしれませんが、セカンドオピニオンを快諾してくれる先生であれば、患者さんのことをきちんと考えてくれていることの証明になり、そこは良い心療内科と判断することもできます。
良い心療内科かどうかを判断するポイントとしては、患者の意見や考えにしっかり耳を傾けてくれて、初診に十分な時間を確保してくれることも重要になります。
目安として、前に受診していた病院のデータがある場合でも、必要最低限の事項を聞くのに、30分はかかると考えた方がいいでしょう。
大きな病院では、医師が何人かいることもありますが、主治医がきちんと固定しているかどうかも大切なポイントです。
毎回診てもらう医師が違わないかを、事前に確認しましょう。
せっかく時間をかけて診断して作成したカルテを、次に他の先生が見ても、その内容をしっかり把握することは難しく、診察を受ける度に前に話したことを何度も確認されてしまうと、患者のストレスは大きくなってしまい、精神的な負担になってしまう可能性も高くなります。
きちんとした診断名と、今後どのような治療をしてもらえるのかの方針をきちんと伝えてくれないような病院だと、安心して任せることができませんので、その点も早めに確認して、良い病院かどうか判断しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク