業者選びに役に立つ病院・薬局に関連した業者をご紹介します。

病院コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

病院とクリニックは一緒と考えて間違いない?

子どもを産むまでは私も主人も身体だけには自信があって、二人とも学生時代は陸上部に所属していて、主人はその他にもスポーツ万能で、いろいろな部活から大会があれば試合に出て欲しいと引っ張りだこになるような人でした。
主人とは高校が一緒で、その時に私がそんな主人を好きになって思い切って告白したら、まさかのOKの返事をもらって、それからずっと付き合ってきて、3年前に結婚しました。
付き合っていた時も結婚してからも、一緒に趣味としていろいろなスポーツも楽しんでいましたが、結婚して1年もしないうちに子供ができて、それからは全く運動する機会がなくなりました。
そのせいなのかは分かりませんし、子供のせいかもしれませんが、今までほとんど風邪をひいたことがない私たちが、子供が生まれてからもう何度も熱を出すようになって、これまで子どもを小児科に連れていったことはありますが、私たちの風邪は薬で対応してきました。
しかし、この先どんどん体力も落ちていくし、インフルエンザなどにかかると病院に行かないわけにもいかないので、今後信頼して通える病院を探すことにしたのですが、病院とクリニックの違いは何でしょうか?
規模が大きいのが病院で、一人の医師が開業しているのがクリニックという認識で間違いないでしょうか?


20以上の病床を持つのが病院です。


大体そのような認識で間違いないのですが、医療機関は一般的に病院とクリニックの2つに分類され、複数の診療科をもち、20以上の病床を備えているのが病院となり、病院には先進的な医療に取り組む大学病院や国立病院の他、地域の中核病院、企業立病院などがあります。
クリニックは、病床数が19以下の有床診療所と、病床を持たない無床診療所の他、いわゆる歯医者さんにあたる歯科診療所が含まれます。
いきなり大学病院などで治療を受けたがっても、診察を断られる場合も多く、風邪などの軽い病気や怪我の診療はクリニックで受診して、重症化する可能性のある急性期疾患などは、病院で治療を受けるように役割が分かれています。
もちろん対応してもらえるなら、いきなり大きな病院で診てもらっても構いませんが、軽い病気なのに全員が病院を選択してしまうと、命に関わる病気を持った方がスムーズに受診も治療も行えなくなる可能性が高くなるので、まずはクリニックで診てもらうことをおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク